スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/25

20110627

今日は座板の材を取る為に、板を二つに割る事になった。


約500×500(㍉)の材だったので帯鋸(大きな帯状の鋸の機械)に入らない…
徳永先生に聞くと、まず昇降盤(丸い鋸の機械)でグルッと一周溝を入れてから縦挽きの手鋸で挽くとの事。

鋸はどれを使ったらいいですかと聞くと、これを使ったらえぇわと縦挽き鋸を三本渡された。

noko

徳永先生: この鋸はわしの先生のやけど先生はこの位の材でもシュッ シュッと1時間程で挽いてたもんや。
縦引きは上手く挽かな木目に沿って曲がっていくから難しいで、力で挽こうとせずにシュッ シュッと力を抜いて挽いてみい。

と…鋸が先生の師匠の物とわかり緊張感が増した所で、初めての縦挽きにチャレンジする事に…

nokohiki

シュッシュッとリズムよく挽ける訳もなく、汗をダラダラ垂らしながら2時間近くかかってようやく切り終わりました。

setudann

昔の職人さん達は凄い…と身をもって実感。

(吉澤)
スポンサーサイト

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。