スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前に思うこと

20110728

私たちは何の疑いもなく、ビールはアルコール飲料だと認識しています。

ところが先日、ロシアの連邦議会でビールをアルコールと認める法案が可決されたというニュースがありました。

ロシアではアルコールにまつわる事件や事故が絶えず、また国民の健康面も憂慮して、今まで無許可で販売されていたビール販売に関する規制を図ることを目的としたものらしいのですが、そもそもアルコール10パーセント未満のものは食料品に分類されていたようなのです。

ウォッカ比べたら、ビールはジュースという認識なのでしょうか…。

自分が当たり前と思うことも、違う側面から捉えれば、当たり前ではなくなってしまう。
私たちが感じる当たり前は、これまで学んできた学校教育や属するコミュニティー、マスコミなどの影響により形成されたところが大きく、その中で物事を考えることが多いのではないでしょうか。

私はこの4月に当工房に入ったばかりなのですが、ここには、当たり前とされていることを疑い、新しいものを生み出すカルチャーが強く根付いていることを実感します。

世界で唯一の「鉋仕上げの椅子」や先日ご紹介したアイロン曲げ木の技法などなど、小さいことも含めたらあげればきりがないほどです。

私自身も担当している座編みにおいて、新しい試みに挑戦させてもらっています。
9月の展示会にて発表予定ですので、乞うご期待!

(浅郷)
スポンサーサイト

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。